66
月刊プリンセス3月号にほしのこぐま66話掲載してま~す!
みちるがお世話になってる珈琲豆の焙煎所に行くお話です。
毎日脳内サンバカーニバルな空豆さんというヒッピーおっさんが登場します。
宜しくお願いしま~す~!


サンバといえば
時折、アンパンマンのうたに励まされることがあるのですが、
「勇気りんりん」が楽しくなってくるサンバな編曲で元気出ます。
あと「アンパンマンたいそう」が心に響きます。
三番まである曲で、メロディも歌詞もとっても素敵。
Aメロがすごく好きで、全Aメロを通して描かれているのは
人間の心の成長過程だと捉えているのですが、
一番で、自信をなくし、くじけかけ
二番で、だいじなものを忘れ、べそかいてた人間が
三番では、楽しいこといっぱい!になるんですよ。
ところが、さびしくなってしまう人間の性……深い。深い!
しかし「愛することをすてないで」とやなせ先生は呼びかけるのです。
あの「やさしいヒーロー」は「君」なのだから、と。
元気でまくる~~~~~~~~!!名曲だ~~!!
アンパンマンという作品への解釈も深まります。
ああ、お酒飲みながらひたすらこういう話がしたいものです。
やさしいヒーローになるべく邁進していきたいと思います。


ではまた~