2019年04月

sdrj5
本日、佐渡島ときどきラジオガール1巻の発売日で~す!
よろしくおねがいしま~~す!
4月19日…し・い・く…飼育の日ですね。良い日だ。
今日はちゃんと宣伝しますよ。いつもしろよって話。


表紙のデザインが最高なので要チェックでお願いします。
装丁はハセプロさんにお願いしました。
本来地味な配色だった原画をはじけるビビッドな雰囲気に仕上げていただいて
出来上がった本を見たときは感動しました。

600円+税となります(書籍版)。良ければ買ってみてください。
売れてます。(アファメーションスタイル)

DSC_01832
ごらんください。映えですよ。
チューリップ畑にも負けない鮮やかさ。春のピクニックに一冊いかがでしょう。
なに撮ってんだよって感じですね。
調子こいて一眼レフカメラで遊ぶのが楽しかっただけです…。
このあとスーパーで買ったお惣菜(たこ焼きとたけのこの天ぷら)食べながら
ひとり花見酒してたんですけど人生のゴールって感じで最高でした。
絶対話しかけちゃいけない人間だったと思う。
20190418_170734354_iOS
(人生のゴールの写真)


・・・あ!
アニメイトさんとゲーマーズさんで買われる方は
それぞれ特典ペーパーがついてきますよ!すごいや。
これはなんとしてでも手に入れたいですね。私も買います。


そんな感じでよろしくです!

D4f7cLaU4AELyOM.jpg large
上のイラストのラフ。最初もろみの位置、さやかでした。
解釈違いすぎるか…とやめておきました。


ほかにマンガ関連で最近嬉しかったことは、
ウェブで公開されてたマンガに感想メッセージを送ったら、
そのマンガが単行本になったとき、帯にメッセージが使用されてたことです。
このコメント…!(20代・女性)…!わ、私…!って感じでした。
こんなこともあるんだな…ブチあがった…
ファンイラストを単行本の読者ページに載っけてもらった
少年少女たちの気持ちを知りましたよ。宝物。


ではまた~

68
発売中の月刊プリンセス5月号にほしのこぐま68話が載ってます~!
今回はみちるのちっちゃい頃のおはなし。彼女の知られざる過去が今あきらかに…
ちっちゃい子の動き方ってめちゃくちゃかわいいですよね。よく跳ねてる。
今回はそんなみちるが見れるかもしれませんので、
そういったサイズ感がお好きな方はぜひ読んでみてくださ~い!
そしてサドラジもまた特別再掲載させていただいてるのでそちらもよろしくです!
あ、あと、4月19日にコミックスが発売となりますので……へへ…
なにとぞよろしくお願いいたします。


春ということで桜が咲くのを最強ボルテージで楽しみにしてます。
春めく、とか、春うらら、とか、春らんまん、とか、青春、とか、
春と名の付くワード、るんるんでたまらん~~~~
そんな春になると思い出す、
「致死量に達する予感みちてなほ吸いこむほどにあまきはるかぜ」
という歌人・光森裕樹さんのうた。
唐突でショッキングな致死量って言葉がセンセーショナル。
最後たたみかけるようなひらがなの文字ひとつひとつが
風に舞い散っていく花びらの映像かのようで、視覚的にも好きです。
さらには甘やかに香り立つというなんとも多次元な一行。
そりゃあ春風も巻き起こりますよ。
まったく、春は人を詩人にさせるな…罪深き春よ…
作業仲間の先輩に、好きな季節はなんですか?と
愉快でポップで初々しい質問をなげかけてみたのですが
どの季節も好きじゃねえ!!とまるで情緒感じられぬ衝撃的発言。
それを受け四季を愛でることのできる感性豊かな私は、
四季の移ろいを愛してくださいよ!!と訴えたのですが
彼女の主張を聞いていると
確かにどの季節にも「ここが嫌いだ…」ってとこはある…
そりゃ、花粉も猛暑も蚊に刺されも台風も豪雪も凍結も困るよなあ…
と、納得しかけちゃいました。感性が豊かゆえに人の意見に流されやすいのです。
まあ、そこも含めて愛おしいんですよ四季ってやつはね。
まったく、春は人を詩人にさせるな…罪深き春よ…
でもどの季節も好きじゃないって言いきれる正直な先輩が好きです。
ある意味四季を象徴するものを受け止めたがゆえの
趣き深い発言でしょうな。ツンデレですね。

ではまた~~

このページのトップヘ