最高品質だなあと思う作品に出会うことがたびたびある。
私の価値観は別にたいしたもんじゃないけど 「なんて質が高いんだ…!」ってよく感動してしまう。 それって良いことなのかもしれないけど、ちょっと怖い。 質の高いものに触れ続けることで自分のなかの価値観が底上げされていくような感覚。 さも自分の価値さえも高まっていっているかのようなおこがましい感覚。 それでも自分のたいしたもんじゃない価値観だって大事にしていたい。キープしたい。だけど現状維持は難しい。一歩間違えれば、腐敗。 いつでも新鮮で凡庸な感覚を取り出せるようにしておくことって難しいなあ。