カテゴリ: news

74
ほしのこぐま74話がプリンセス11月号に載ってます~!
怪しげな衣装を身にまとった叶羽ちゃんが
占い師の才能を遺憾なく発揮し、文化祭を盛り上げちゃいます。
文化祭を運営する学生たちって…立派ですよね…
世の学生たち…青春してくれ…
そんな感じで、よろしくで~~~~す


この間、唐突に原付バイクで山道海沿いの道を突き進むという
自分探しの旅を強行してきたんですけど、
走行中、得体の知れない恐怖に襲われていました。
こんな知らない道でガソリンが切れてしまったらどうしよう…とか、
うっかりヘルメットと一緒にシートの中へバイクの鍵を入れてしまい
取り出せなくなってしまったらどうしよう…とか考えると怖すぎて
私の顔は真っ青だったと思います。壮絶なネガティブ思考。
kyofutoha
というような感じで、恐怖に関する論文を脳内でつづりながら
ひたすら山道を走ってました。悟りの境地が開けそうだった。
はーーー…ほんと怖かった…ただの妄想でしかないのに……
この経験のおかげで強くなれた気がする…またいつかやろうこれ…。
この旅のテーマソングはタルトタタンの「入り鉄砲に出女」です。
走行中、恐怖を打ち消すべくずっとくちずさんでた。
夏の日だったのですが、手袋しないで運転したから
手の甲焼けて真っ黒になっちゃった。
最近、自分に苦行を強いていて一体何がしたいのかわかりません。
結局自分探し失敗に終わってる…。

ではまた~~

73
ほしのこぐま73話がプリンセス10月号に掲載されておりました~。
スポーツの秋、ということでこぐまがニュースポーツにトライ!なお話でした。
「アルティメット」というフリスビーを使ったスポーツ。
フリスビーは商標登録されてる名前だったので使えませんでした…知らなかった…!
描いてみて実際にアルティメットの観戦や体験をしてみたくなっちゃいましたね。

あ、あと、これ描いてるとき、なんでもいいから
スポーツ観戦したいという気分になってたんです。
それで街をぶらぶら歩いてたら、突如としてリングが現れ、
これから野外プロレスが開催されるらしいということで
これは観るしかないと当日券を購入し、
初のひとりプロレス観戦をしてきました。いろいろと世界観が謎…。
なんの知識もないまま観てたけど超楽しかったです。
劣勢側が最後の最後で3カウントとるっていうどんでん返し…
そんなのどうしても胸が熱くなっちゃうじゃん…!
というような、熱い勝負も観れました。しびれた…。
また観に行きたい…。
紙テープ投げ入れるレベルの観戦玄人の方たち…楽しそうでいいな…。


ではでは~

72
ほしのこぐま72話がプリンセス9月号に掲載されておりま~す!
ぴゅあぴゅあラブリーな小学生のお話です。
扉絵には花言葉が乙女の純情であるコスモスを添えてみましたよ。
そして秋めくうろこ雲。「女心と秋の空」って元々「男心と秋の空」が転じた言葉だそうな。
結局どっちも変わんないんじゃんってことですね。なるほどな。
とりあえずそんな感じのお話なので気になった方はぜひ~~!

72togoo
JSの瑚愛ちゃん!ラブリーなベイベーだったから描いちゃった。


そしてほしのこぐま1話と2話を特別掲載していただいてます!ヒーーー!!!!!
こぐまってどんな感じで始まったのか知りたい方、忘れた方はぜひ~~~!!


小麦中毒!グルテン摂取しすぎ!
詳しくはわからんけど摂りすぎは多分からだに良くないだろう!
…ということで、小麦断ちをしようと常備食材であった
冷凍うどんや乾燥パスタをスタメンから外しました。
無理でした。
やっぱりうどん大好き!ラーメン大好き!パスタ大好き!
カレー大好き!パン大好き!
この季節毎日そうめんがいい!!

とにかく麺が大好きなんですよ。
小麦断ち期間、春雨で麺を食べた気になろうと
春雨教に入信したのですが、
作った春雨チャンプルーがしょっぱい仕上がりで即脱会。
それ以降、自分の料理に対して不信感を抱くようになり、
元々適当だった自炊がさらに適当になってしまいました。
同時期に風邪をひいてしまったせいで
ごはん食べること自体、億劫になってしまったのです。
そこで救世主となるのが小麦なわけですよ。
つるつるしたものなら食べられる!!!
やっぱ私には小麦しかないんだ…グルテン愛してる…。
こうして無事に食欲はもとに戻りました。


続きを読む

71
ほしのこぐま71話がプリンセス8月号に載ってます~!
まさに扉絵にあるアオリ文のような内容となってます!
こぐまになったらどうなっちゃうんだろう。夏は暑そうだなあ。
みちるになれたらボブヘアJK満喫します。
そんな感じで!よしなによしなに~

tikyu
そして「地球とアタシ、終了のお知らせ」という
読み切り36ページも載せていただいております~!
バンドとかアプリの「大切なお知らせ」から始まる告知ツイートが苦手です。
哀しい予感しかしない…。そんなテイストのタイトル。
面白いのでぜひ読んでみてください~!私はもう100回くらい読みましたよ。
毎回「そ、そんなばかな…!?」ってなります。
もちろん1度パラ読みしていただけるだけでもうれしい~

サドラジ・こぐまツイッターのほうに
試し読みをアップしていただいてます!担当さんに大感謝です!
今流行りの“〇〇の話”風にアップしていただきました。便乗スタイル。
この新手の手法すごいよなあ。ついつい最後まで読んじゃうよね。
こちらは途中までなんですけど、ぜひ読んでみてくださいな~
つづきが気になった方はぜひ本誌をば~!
tikyukonomi
予告カットだった主人公コノミちゃんです。にっこり一蓮托生。
こぐまも読み切りも星が降ってくる感じの話だしこの間七夕だったし、
なんだか季節感あっていいじゃん?と思いました。
そんな感じでよろしくでーす!






最近、私の部屋に侵入者がいるんですけど、
ソイツ、我が物顔で天井陣取ってるんですよね。困る。
ヤツの名はナミテントウムシ。二つの赤い星を背負ったヤツです。
天井みあげて黒い点があるとぎょっとすんだよなあ。
そんで気付くとどっかに消えてる。気まぐれなヤツだよほんと…。
腹立たしいのでヤツのことを調べてみると、
やたらテントウムシを褒めたたえる記事ばかりがヒット。
なにやらテントウムシは幸運を呼ぶ虫だとか、
アブラムシを食べてくれる益虫なんだとか。ふ~ん…。
幼少の頃、ヨモギの葉にくっついてアブラムシ捕食中の
テントウムシの幼虫を捕まえてきては育てたりしてました。
今でもテントウムシの幼虫を見かけるとそんな幼き日を思い出し
ノスタルジーに浸ることもしばしば…。
必死になって指の先まで登り、お天道様めがけて飛び立つ姿も
なんだか健気でかわいいなと思ってた頃だってあったさ。
しかし今となってはあの硬質そうなボディの虫類が苦手になってしまった…。
指先で蠢くだなんてもってのほか。
逃がすためにつまみあげることさえためらわれるので、
しばらくヤツと同棲しようと思います。
愛がふたたび芽生える日も近い。


ではまた~

70
プリンセス7月号にほしのこぐま70話が載ってます!
なんだか不穏な空気漂う扉絵に加えて…
お気づきでしょうか…?
いつもは「癒しのもふもふショート」と書かれてある箇所が
コンポ 2
「初夏のスペシャルホラーショート」になってるんです…!
怖いですね~…
もふもふ成分は変わらない感じなので…ね…
見かけたらぜひ読んでみてく~ださい!

oogs
1ページ目のぴょこたんのコマ、アニメにしました。
怖さを緩和。



今日めちゃくちゃめちゃくちゃ過ごしやすい最高の気候で
今日という日が永遠に続いてくれ…と
午前中は天に祈りをささげてました。
せまりくる猛暑におびえてます。抗いようがないな…。

大型(超大型)犬の子犬についてたまに考えるんですけど、
やつらはなんであんな…かわいいんですかね…。
大型犬の子犬っていう萌えジャンルですよ、もはや。
でもあの可愛さって子犬時代だけしか見れないんですよ…
あたりまえですけど…。
いつまでもこの姿でいてくれないか…と
マッドなことを一瞬考えてしまうのですが、
将来的に大きくなるからこその
あのコロコロポテポテぶちゃっとした子犬時代なわけで…。
将来的に大きくなるために、
子犬時代、手足がむっくむくなわけで…。
刹那的なこととか不可逆的なことって…心がぎゅっとなります…。
愛すべき子犬時代をありがとうって気持ちです。
JK萌えも高校時代という期間限定…だからこそ儚い…
そういうたぐいの感情です。
大きくなった大型犬ももちろん大好きなんですけどね。
黒くておっきいもっさもさ犬のニューファンドランド、
これまでまだ一度しか会ったことがなくて
またいつか会いたいと、画像検索しては思いを馳せる日々。


ではまた~

このページのトップヘ